TOCfE 2015年度 『考える大人になるためのツール 国際認定プログラム』に参加しました。

こんにちは!
Team-GTOのわたるんです~
皆様ご無沙汰しております。
久々の登場です。

ご報告が遅くなってしまいましたが、

先日のお盆休みに家族は完全にほったらかし状態(埋め合わせはしてます!)

で京都で開催された

2015年度 『考える大人になるためのツール 国際認定プログラム』

に参加してきました。

これは、4日間連続で行われるイベントでビジネスに多大な成果をもたらす

制約理論(TOC)を教育分野に適用した知識体系「教育のためのTOC」を

体系的に学べる『国際認定プログラム』です。

写真 2015-08-13 10 46 49

世界で1000万人が読み、今も色あせないベストセラー『ザ・ゴール』。

この本の中で発表された理論がTOC(制約理論)です。世の中の「つながり」と「ばらつき」 を考えるなら、

その「つながり」の中で必ず、相対的に弱いところ(制約)が存在する。

その弱いところに、集中して、お互いに助 け合いながら取り組むことが、

全体最適となる。これがTOCの核です。

ここでは、ビジネスにも活用できるTOCから生まれた3つのツールについて

しっかり学んできました。

1日目 自分の行いに責任が持てるようになる「ブランチ」

2日目 論理的に考え、検証できるようになる「CLR」

3日目 ジレンマを解消できるようになる「クラウド」

4日目 夢をかなえる「アンビシャス・ターゲットツリー」

ブランチ、クラウド、アンビシャス・ターゲットツリーこの3つのツールを

みっちり活用して、ビジネスはもちろんさまざまな場面で応用していきます。

 

参考の書籍はこちら

考える力をつける3つの道具

新品価格
¥1,512から
(2015/8/25 09:42時点)

また物販に関連する作成事例ができたら紹介していきますね!

ゼロから始めるTOC実践ワークショップ 第3回 に参加してきました

l_100

こんにちは後藤です。
京都から先ほど沖縄に戻ってきました。

2015年8月22日に京都で開催された、「ゼロから始めるTOC実践ワークショップ」に参加してきました。今回のテーマは「全体最適の意思決定会計-TA (Throughput Account)」について。

TOC(制約理論)の会計基準「スループット会計」を学んできました。部分部分の経費削減を目指すのではなく、全体のスループットを向上させる手法です。

TOCでのスループットとは、
「販売を通じて生み出されたお金」を意味します。

FBA出品者のあるあるですが、
「経費を抑えるためにダンボールいっぱいになるまで発送を待つ」

TOC的にはこれはNGなんです。スループットを向上させるためには、小さなダンボールでもFBA倉庫にガンガン送るべき。

スループットを向上させるためにTeam-GTOでどんな取り組みをしているかを、セミナーやコンサルティングで紹介していきます。

参考書籍
ザ・ゴール コミック版